電話代行とは

電話代行とは、依頼者の代わりに電話対応を行う、代行サービス業のことを言います。
ほとんどの都道府県や政令指定都市には、政治経済の機能が集中していることから、電話代行サービス業者がビジネスを展開しています。
サービスそのものは、昭和40年代から存在しており、長い歴史があります。

電話代行は、ボイスワープなどの電話転送サービスを利用し、業者側の電話番号から、依頼者へ通話を転送するタイプと、業者側の電話番号にかけてもらい、直接業者が電話対応をするタイプがあります。
以前は、それほど電話代行の利用は一般的ではなかったのですが、リーマンショック以降の長い不況の中で、大企業への就職が必ずしも安定を約束するものではなくなってきたことで、個人で会社を始めるいわゆる起業が増えてきたことや、ICT技術の進展に伴い、特定のオフィスを持たず、自宅やコワーキングスペースで仕事をする個人事業主やベンチャー起業家が増えてきたこと等に伴い、バーチャルオフィスの利用が広まってきたのですが、このことにより、電話代行サービスへの需要が再び高まりを見せているのです。

電話代行は、依頼する業者によって信頼性や品質が大きく変わってきますので、どこの業者を利用するかによってビジネスの成否が左右されるといっても過言ではなく、その仕組みをよく理解することは非常に重要です。
本サイトでは、これら二種類の電話代行の仕組みについて、簡単に説明します。



<特別リンク>
6,500社超の導入実績を持つ電話代行サービスのサイトです →→ 電話代行 導入